オリジナルドラマ『嘘喰い

ドラマ

横浜流星主演で迫稔雄の人気漫画を実写化した映画『嘘喰い(うそぐい)』(2月11日公開)で、佐野勇斗と白石麻衣が演じるキャラクターに焦点を当てたオリジナルドラマ『嘘喰い 鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇』(全4話)が、映画公開と同日に映像配信サービス「dTV」で独占配信される。

 会員制の闇倶楽部「賭郎(かけろう)」を舞台に、横浜演じる天才ギャンブラー・斑目貘が史上最恐のデス・ゲームを繰り広げる映画の中で、貘と出会い借金まみれの人生が一変、裏社会でのし上がっていく青年・梶隆臣(佐野)とサディスティックな最狂女組長・鞍馬蘭子(白石)。ドラマでは、この2人が、親友、クズ親、抗えない過去といった、それぞれ背負うもののために、究極の騙し合いゲームに挑む様を描く。

 佐野が演じる梶は、映画では貘の相棒として行動を共にするが、本作ではギャンブラーとして成長していくきっかけのゲーム「セブンポーカー」に挑む姿を描く。過去に自分を捨てたクズな母親との対峙、幼馴染との淡いロマンスなど、ドラマで しか見られない 梶を佐野が熱演。

 そして白石が演じる鞍馬蘭子篇では、客から金をむしり取る闇カジノを仕切る女組長の蘭子が、大切な親友のために、過去の敵と再び対峙するドラマオリジナルストーリーが展開。手に汗握る頭脳心理バトルをはじめ、蘭子の知られざる過去や最狂女組長としての“ド S ”全開シーンも見どころとなる。さらに蘭子の腹心の部下・レオ役の森崎ウィン、梶の専属立会人・夜行妃古壱役の村上弘明といった映画版のキャストに加え、dTV 版オリジナルキャストとして蘭子の対戦相手となる浪速組組長・岩城役に西村和彦、梶の対戦相手となる闇カジノオーナー・鮫丸役に忍成修吾など、ドラマ版のみのキャストも登場する。

 映画で監督を務めた中田秀夫がドラマ版の監修を務め、「梶隆臣篇」は原作の人気エピソードを基に、蘭子が主人公となる「鞍馬蘭子篇」は完全オリジナル脚本でドラマ化。映画から見てもドラマから見ても楽しめるストーリーとなっている。

 「鞍馬蘭子篇」の予告映像解禁にあわせ、本作が“嘘”を“喰う”ゲームでもあることから、「“嘘”を見破ることができるのか?」と挑戦的な “嘘”予告映像が特別に制作された。冒頭、白石麻衣演じる鞍馬蘭子が、背中を切り付けられ怒りをあらわにしながら振り向くが…その正体は、 大久保佳代子

コメント

  1. 知らん人はまじで、聞いてみて欲しいです
    ザ ギャンブラー
    地球を買い戻せって歌詞が好きなので

  2. 知らん人はまじで、聞いてみて欲しいです
    ザ ギャンブラー
    地球を買い戻せって歌詞が好きなので

  3. 知らん人はまじで、聞いてみて欲しいです
    ザ ギャンブラー
    地球を買い戻せって歌詞が好きなので

  4. コント感…

タイトルとURLをコピーしました