島﨑信長がナレーションを担当した映画『永遠の1分。』予告編【2022年3月4日公開】

映画予告

映画『カメラを止めるな!』で撮影監督を担った曽根剛がメガフォンを取り、上田慎一郎が脚本を手掛け、“笑いの力”を武器に東日本大震災と真摯に向き合ったヒューマンドラマ『永遠の1分。』が2022年3月4日より公開される。このたび、東北地方出身で現在も震災支援活動を精力的に行っている声優の島﨑信長がナレーションを務めた予告編が解禁となった。

 本作は、世界が困難に立たされている今、多くの人を前向きにしたいという制作陣の熱い想いのもと、“笑い”がもたらす癒しの力で困難や葛藤を乗り越えていく姿を描く。ユーモアたっぷりの小ネタもテンポ良くちりばめられ、伏線回収はもちろん、制作陣が実際に苦悩したことを追体験することができる極上のエンターテイメント作品となっている。

 主演には、『コンフィデンスマンJP』でダー子たちの執事役で知られるマイケル・キダ。ヒロイン役に、ヒップホップ・シーンでカリスマ的な存在感を誇るラッパーのAwich。主題歌も担当し、そのグルーヴ感あふれる圧倒的な歌声も本作の大きな見どころだ。

 そのほか、毎熊克哉、ライアン・ドリース、片山萌美、ルナ、中村優一、アレキサンダー・ハンター、西尾舞生、そして渡辺裕之など国際色豊かなキャストが脇を固める。

 予告映像は、コメディを得意とする映像作家のスティーブが日本で3.11大震災のドキュメンタリーを撮ってくるという会社の指示に反して、忍者コメディ映画を作ろうと計画するシーンから始まる。しかし、日本の現状を目の当たりにし、3.11のコメディ映画を制作しようと考えを改める。

 部外者であるアメリカ人がこの題材を扱うことに対して、地元の住民からの反感や週刊誌でのバッシングが起こる中、困難を笑いで乗り越える人々の物語にしようと真摯に向き合っていく。果たして、3.11を題材にした映画は完成するのか?

 『Free!』の七瀬遙役をはじめ、『ソードアート・オンライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました