ハサミで切り裂かれる下着 禁断の世界描く 永瀬正敏主演 映画「ホテル・アイリス」予告

映画予告

2月18日より劇場公開される、芥川賞作家・小川洋子の同名小説の映画化作「ホテル・アイリス」の、予告編が公開された。
 
 公開された予告編は、主人公マリの下着がハサミで切り裂かれるシーンから始まる。そして、ポーランド出身の音楽家スワペック・コバレフスキによるチェロの旋律をBGMに、主人公マリが、支配的な母親の干渉、ホテルアイリスの従業員の密告、死んだ愛する父親の幻像などに翻弄されながらも、永瀬正敏演じるロシア文学の翻訳家に出会い、惹かれていく様子が描かれる。その後、売春婦の死、警察からの尋問など、二人の愛の行く手をはばむ疑惑が次々と明らかになりながらも、「私たちに構わないで。私は彼を愛してる」ときっぱりと言い放つマリの姿が映し出される。
 
 映像作家・遠山慎二のディレクションによる予告には、肉体的だけでなく精神的にも2人をつなぐ拘束具や、あの世とこの世をつなぐ役割を持つ渡し舟の幻想的なシーンなども映し出されている。
 
 「ホテル・アイリス」は、さびれた海沿いのリゾート地で、日本人の母親が経営するホテル・アイリスを手伝うマリとロシア文学の翻訳家の、禁断の世界を描いた作品。大人の男の色気をまとうミステリアスなロシア文学の翻訳家を演じるのは永瀬正敏。マリ役は、映画初出演となる、台湾でモデルやテレビCM出演で活躍している陸夏(ルシア)が 演じる。他に、リー・カンション、菜葉菜、寛一郎、マー・ジーシャンらが出演している。監督・脚本は、「波」「黒四角」の奥原浩志。原作の持つ残酷で甘美な世界感を忠実に再現しながら、大胆な解釈を加味して作り上げた。
 
 スタッフ・キャストのコメントも公開された。コメント全文は以下の通り。
 
【コメント】

■小川洋子(原作・作家)
「すべては生と死の間を漂う波にさらわれ、引き返せない 彼方へと消え去ってゆく。
そのはかなさが、残酷なほど深く胸に刻まれる。」

■永瀬正敏(主演・翻訳家役)
様々な想いが芽生えた撮影でした。
またご一緒出来た、台湾の優れた映画人とのコラボレーションは、あらためて様々な“情”を感じる素晴らしいものでした。小川洋子さんの深い原作の下、台湾・日本の共演者、スタッフの皆さんと過ごした金門島での日々は、今思えば原作に漂う夢の様な、現実の様な、幻想の様な、得難い日々だっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました