篠原涼子主演、映画『ウェディング・ハイ』本予告【2022年3月12日公開】

映画予告

結婚式を舞台に繰り広げられる群像コメディ映画『ウェディング・ハイ』の最新予告が解禁となった。

  本作は、芸人、タレントとしても活躍するほか、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としてもその才能を発揮する笑いの鬼才・バカリズムが手掛けた完全オリジナルストーリー。

 主演の篠原涼子をはじめ、中村倫也、関水渚、岩田剛典、向井理、高橋克実などオールスターキャストが、抱腹絶倒の波を巻き起こす。監督は『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』で数々の賞を受賞し、映画ファンから絶大な支持を集める大九明子。

 主題歌は、東京スカパラダイスオーケストラ初のウェディング・ソングとなる「君にサチアレ」。今回、新郎新婦だけでなく、結婚式に集うすべての人を祝福するような幸福感あふれるお祭りソングを主題歌にしたいという監督・プロデューサー陣の思いから、東京スカパラダイスオーケストラに楽曲を依頼。作曲をNARGO(Trumpet)、作詞を谷中敦(Baritone sax)が手掛け、ボーカルは茂木欣一(Drums)が担当。サビではメンバー全員のコーラスも入り、聴いたら誰もが幸せな気持ちになれるようなウェディング・ソングとなっている。

 この主題歌「君にサチアレ」を使用した最新予告映像では、敏腕ウェディングプランナー中越(篠原涼子)に支えられ、彰人(中村倫也)と遥(関水渚)のカップルが式を挙げようとする幸せなシーンから一転、スピーチ命の上司・財津(高橋克実)をはじめとするクセ者参列者たちが暴走、さらに遥の元カレ・裕也(岩田剛典)や謎の男・澤田(向井理)まで現れ、大騒動が巻き起こる様子がテンポよく描かれる。

 そして、新郎新婦のSOSを受けた中越が問題解決のため奔走するところから主題歌が流れ始め、まるで2人のために走り回る“NOと言わない”敏腕プランナーを応援するかのような疾走感あふれるメロディで、テンションが上がる楽しさ満点の映像になっている。

脚本:バカリズム
監督:大九明子
出演:篠原涼子、中村倫也、関水渚、岩田剛典、向井理、高橋克実
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ 「君にサチアレ」(cutting edge / JUSTA RECORD)
配給:松竹
(c)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会 
【公式HP】

コメント

  1. 篠原涼子さんの映画やドラマの主題歌は、CDが売れそうもない新人か、もうCDが売れなくなったベテランばかりで残念です。レコード会社は篠原さんのドラマなどを利用してませんか? 売れている歌手の曲が聴きたいです。東京スカパラは最悪だったオリンピックの開会式か閉会式に出てましたよね。最悪の演出の閉会式に出ていた人達の曲は聴きたくないです。篠原さんが歌手やっていた時には、レコード会社は力を入れてあげなかったのに、篠原さんの映画やドラマは利用するんですね。そのせいで篠原さんのドラマや映画の曲はヒットしていません。ソニーとエイベックスなのかな? あと美男美女でモデル体型の人を歌手としてデビューさせて下さい。歌唱力も普通でちんちくりんな歌手は観てられません。ABC-Z、スノーマン、上白石萌音さんとか観ると日本の芸能事務所とレコード会社は、何を見てデビューさせようとしたのか不思議です。誰でもデビューできるのかよって思っちゃいます。モデル、俳優、女優、グラビアアイドルになるような人で、グループ作ってダンスとか教えてあげたらどうですか? オーディションしても美男美女は、来ないですよ。

タイトルとURLをコピーしました